02

このページでは、日本のメーカーの海外進出、輸出サポートについてご紹介します。

Our Partner(s)

日本ではすでに10年以上の実績を持ち、『オーディオアクセサリー』誌などで数々の受賞実績もあるウェルフロート。日本国内では高く評価されてきた製品ですが、海外進出の挑戦はようやく始まったばかりです。

ベッドフォードサウンドでは、英文ウェブサイトの構築、海外代理店との連絡、交渉などを担当しております。

ウェルフロートの製品詳細等については以下のリンクをご覧ください。

--> メーカー公式サイト (日本語)

--> 英文公式サイト (弊社管理)

ベッドフォードサウンドの「輸出サポート」とは

 

※誠に恐れ入りますが、業務多忙のため、輸出サポート業務の新規お申し込みは現在お受けしておりません。募集再開が決まりましたら改めてお知らせさせていただきます。

「日本国内では評価されているものの、すでに市場が飽和して頭打ち?」、「マニアックすぎて今は売れていないけれど、素晴らしい製品なので世界で挑戦してみたい」

 

こんなお悩みを抱えているメーカーの方をたくさん見てきました。言葉の壁、距離の壁、商習慣の違いなど、躊躇される要因はたしかにあります。しかし、少子化で今後縮小が予想される日本の市場で、国内の強力なライバル会社とこのまま消耗戦を戦い続けるよりも、思い切って海外の市場を狙ってみませんか?

日本の製品は世界に通用する潜在能力を持った良質なものが多く、世界で通用する可能性は大いにあります。

ベッドフォードサウンドでは以下のサービスをご提供することで、御社海外営業のアウトソーシングを実現します。

1. 英文ウェブサイト構築、カタログ作成

機械翻訳や、ただ逐語訳した日本語のホームページやカタログで、海外のファンの心に本当に「伝わる」「刺さる」英文になるでしょうか。片言の日本語で書かれたパンフレットを想像してみてください。他のブランドと五分以上に戦うつもりであれば、「つくり方」というものがあります。ベッドフォードサウンドでは、日本人スタッフが一旦英訳した上で、必要な場合はネイティブのメンバーを交え、広告として世界に通用するレベルの英文を作成する、という万全の体制を取っています。

2. 海外代理店との連絡、交渉

英文で届く大量のメール。あるいは逆に、メールを送ったのに数ヶ月も返事が返ってこない。本当に話が通じているのか?話がこじれているのではないか?商慣習の違いもさることながら、このようなことは、海外とビジネスをやるのであれば日常茶飯事という覚悟が必要です。特に初めての場合、些末なことでも消耗してしまうものです。ベッドフォードサウンドでは、普段の英文メール対応はもちろんのこと、返事が返ってこない場合に電話で問い合わせて状況確認する、場合によっては直接現地に赴く(※交通費等要相談)など、敏速かつ臨機応変に対応することで、メーカー様にとって最も大切な「つくること」に集中いただきたいと考えています。

3. 販路開拓、営業

海外のショーへの出品サポート、英文雑誌への広告、記事掲載、新規代理店の開拓、Facebook、Instagram、Twitterなど、英語でのSNS告知や広告など、ベッドフォードサウンドでは海外での営業活動全般に対する支援を行ないます。

(※ショーへの出品、広告など費用が発生する部分は要相談)

 

ご予算と売上目標に応じたプランをご提案させていただきますので、高額な費用がかかるのでは?というご心配は不要です。

最新情報、ニュースについてはFacebookページを御覧ください

© 2019 Copyright by Bedford Sound Japan, LLC.